work by the side of the child

とにかくお金がない!主婦がどうしてもお金がない時の乗り切り方

 
Emina
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Emina

『とにかくお金がない!』と今悩んでいるあなた。

 

近年、会社員の平均給与も年々下がる一方で、安定収入があるにもかかわらず、お金に困っているという人が増えています。

 

国税庁の発表した民間給与実態調査結果によると、正規雇用者の平均収入が494万円に対して、非正規雇用者の年収はなんと175万円でした。

 

年収175万円では、月に14,5万円、手取り収入にしたらもっと少なくなりますから、ひとりで生計を立てるのも難しいというのが実情でしょう。

 

今とにかくお金がないと悩んでいるあなたは、まず今から収入を上げるためにやるべきことをお伝えします。

 

参考:お金がない生活に疲れた!主婦が苦しいお金がない時の乗り切り方を徹底解説

とにかくお金がない家庭の問題点とは?

とにかくお金がない、と現状に不満を抱えているあなたがやるべきことは、まず今の生活の何に問題があるのかということを理解すること。

 

お金がないのは、お金の使い方に問題があるのか、そもそも収入が少ないのが原因なのか?など、自分の現状を客観視することが必要です。

 

まずお金がないという人によくあるパターンとしては、

 

  • 自己管理が出来ていない
  • 見栄でお金を使ってしまう
  • 無意識に無駄遣いをしている
  • お金を貯める意識がない

などがあります。

 

お金は年収3000万円くらいあれば、自然と貯まっていくかもしれませんが、一般的な収入の家庭でお金を貯めるには、前もって貯蓄計画を立てるべきでしょう。

 

消費者庁が発表している消費者意識基本調査のデータによると、今お金をかけているものとして、多いものから順に、食べ物、美容代、医療費、旅行、ファッション、住居費・・となっており、貯金はその次になっています。

 

でも、同時に本当は食べることの次に貯金をしたいと答えている人が多く、希望と現状の差があることもわかります。

 

これは、先に挙げた自己管理が出来ていないパターンに該当します。

 

貯金できるお金があるにも関わらず、誘惑に負けて、貯金ではないものからお金を使ってしまっているというわけですね。

 

ここは、あなた自身がコントロールすればいい話なので、とにかくお金がない、と嘆く前に、まず貯金をするという固い決意をするべきでしょう。

 

参考:お金がない、辛い主婦が不安を解消するためにおすすめな4つの解決策

とにかくお金がない時の対処策

とにかくお金がない、といつも悩んでいるあなたが、今すぐできる対処策としては、支出を抑えること。

 

住宅費、光熱費、通信費、保険料といった固定出費を抑えることからまず優先的に考えて行きましょう。

 

そして、交際費、美容代、被服費などといった、変動費についても、今一度本当に必要な支出であるかを考えてみてください。

 

中には、クレジットカードで支払うと、お金を使っている実感がないから、ついつい多めにお金を使ってしまうという方もいます。

 

現状を厳しく把握し、無駄な出費のない家計をまずは目指しましょう。

 

参考:旦那はお金がない!安月給の夫とお金がない生活に疲れた主婦が出来る打開策

とにかくお金がないなら収入を増やす

そして、支出を抑えたら、次にやるべきことは、収入を増やすこと。

 

今はすでに旦那さんも仕事をしているし、あなた自身もパートや派遣、正社員として働いている、という場合には、転職や副業を検討してみてください。

 

転職はそんなに簡単にできるものではないと思いますが、今の仕事をどうしても続けたいという思いがないのであれば、もっと待遇が良い仕事に切り替えてしまった方がよい場合もあるでしょう。

 

あるいは、あなたが今は子育て中、妊娠中で外で働けないという専業主婦であれば、自宅で在宅ワークをすれば、収入を増やすことが出来ます。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぎたい!主婦が本業で在宅で月収20万30万稼ぐ3つの方法

どうしてもお金が足りないなら公的制度を活用する

そして、どうしても収入も足りず、お金を捻出するあてがないという場合には、緊急措置として、公的な制度を活用するという方法があります。

 

参考:お金が足りないならどうする!生活費が足りないときにやるべき4つの対処法

生活福祉資金貸付制度

こちらの制度は、低所得世帯、障碍者世帯、高齢者世帯を対象に、お金を貸し付けてくれる制度で、生活再建に必要な金額をまとめて貸してくれるものもあります。

使う目的によっていくつか別れており、緊急でお金が必要な人には、最短で5日程度で最大10万円を無利子で貸してくれる、『緊急小口資金』という制度があります。

 

家を借りるための敷金、礼金、公共料金の支払いなどの生活の維持を目的とした『総合支援資金貸』という資金であれば、保証人がいる場合無利子で、いない場合には年利1.5%で借りることが出来ます。

 

ただし、誰でも申請すれば借りられるわけではないので、詳しくは、お近くの役所に相談してみましょう。

 

参考:給料足りない!お金が足りない人の3つの特徴。生活費が足りないならどうするべき?

生活保護

生活保護は、生活を自分で送れるまでの期間、必要な最低限の生活費を国が保障してくれる制度。

 

こちらも誰でも該当するわけではなく、所得が基準値以下、生活資金に充てられる資産がない、貯金がない、病気やケガで働けない、経済的な援助を受けられる身内がいないなどに該当する場合、福祉事務所の生活保護課に相談してみましょう。

 

審査に通るとお金を毎月もらうことができますが、クレジットカードを作れなかったり、住宅や車を買ったり、資産を保有できないため、早く自分でお金を稼いで生活保護を辞めるように努めるべきです。

 

参考:貯金ゼロから主婦がお金を作る方法!貯金がない悩みを解決する3ステップ

教育支援資金

この制度は、子どもの教育費にあてるお金がないという世帯を対象に、教科書代、文房具、給食代のほか、毎月35,000円から65,000円を貸してくれるというもの。

 

この他にも、高校や大学の授業料や入学金、入学時に必要な費用を最大で50万円借りることも出来る『就学支度金』という制度もあります。

 

また、母子家庭、父子家庭を対象にした、母子福祉資金、父子福祉資金の貸付制度もあるので、どうしてもお金を捻出するあてがない場合には、お近くの役所に問合せをしてみましょう。

 

参考:貯金がない!貯金ゼロで本当にお金がない家庭の割合と老後に向けた2つの解決策

まとめ

とにかくお金がないという状況で悩んでいるあなたの家庭では、おそらく支出の管理が出来ていないか収入が少ないかのどちらかのはず。

 

お金を稼ぐ安定した収入源を確保するのはもちろんのこと、それでも足りない場合には、転職をしたり、副業をしたりしながら収入の柱を増やしましょう。

 

どうしても今のままではお金が回らないという場合には、公的制度を活用することも視野に入れて、自活できるように行動していってください。

 

今から行動に移せば、必ずお金の問題は解決できます。

 

参考:お金がない主婦必読!お金がないストレスと悩みから解放される7つの解決策

この記事を書いている人 - WRITER -
Emina

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦の副業 , 2019 All Rights Reserved.