work by the side of the child

貯金が増えない30代世帯が貯金ゼロから家計の立て直しをするには?

 
Emina
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Emina

貯金が増えない30代世帯が増えているというデータがありますが、30代と言えば、世間的にはまさに働き盛り。

 

30代は結婚をして、子どももいて、社会的にも地位があり、収入も上り調子だと思われがちですが、あなたの家庭も貯金が出来ていないと焦りを感じていませんか?

 

今から対策を打っていけばまだ間に合います。

 

収入は安定して入ってくるので、生活には困っていないけれど、貯金が全然増えないという悩みの原因は何なのでしょうか。

 

将来お金を貯めておかないと、歳をとって働けなくなってから、年金だけに頼ることになりかねません。

 

年金支給開始年齢も遅くなっていくであろう今の30代の老後不安を解消するためには、一日も早い対策が必要。

 

今回は、30代のあなたの家庭の家計の問題点を洗い出し、具体的にお金の問題を解決するために起こすべき行動をお伝えします。

 

参考:お金がない生活に疲れた!主婦が苦しいお金がない時の乗り切り方を徹底解説

貯金が増えない30代世帯の原因とは?

貯金が増えない30代世帯というのは、必ず家計の支出と収入のバランスに問題があるはずです。

 

まずは貯金するお金が残らない原因を突き止めることから始めましょう。

 

参考:お金がない、辛い主婦が不安を解消するためにおすすめな4つの解決策

支出を確認する

まずは、家計の中の支出を把握していきましょう。

 

毎月家族それぞれが何にいくら使っているのかを把握するのが大切です。

 

食費、日用品、光熱費、通信費、保険料、医療費、交際費などなど、

 

各項目を分けて平均してどのくらい毎月出費しているのかを確認しましょう。

 

家計の管理がずさんな家庭は、たいてい収入が毎月安定してあるにも関わらず、まったく貯金が出来ていないという傾向があります。

 

よっぱど高収入でもない限り、計画性なくお金を貯めるのは難しいと肝に銘じるべき。

 

参考:旦那はお金がない!安月給の夫とお金がない生活に疲れた主婦が出来る打開策

支出を抑える方法

支出をカットするのに、一番に考えるべきなのは、固定費。

 

家賃

家賃は手取り収入の30%以内には納めるのが理想と言われていますので、例えば手取りが50万円の過程であれば、15万円以内の住宅費に抑えるのが理想です。

 

でも、家計が苦しいようであれば、手取りの20%~25%に抑えるのがベスト。

 

手取りが50万円であれば、10万円から12.5万円くらいですね。

 

家賃で毎月1万でも2万でも抑えられたら、年間では12万、24万も削減できることになります。

 

これを赤字解消のために別の必要な出費に回したり、貯金に回すのが良いでしょう。

 

保険料

また、保険料も見直すと大きな削減が出来ることがあります。

 

生命保険や医療保険に複数入っていたり、営業マンに言われるままに加入してしまっているものは、本来必要ないものである可能性も大いにありますので、今一度見直して解約したり、プランを変更できないか、動いてみましょう。

 

食費

食費は外食も含めて手取り収入の15%程度に納めるのが理想と言われています。

 

なんとなく無駄買いが多くなっていないか、外食の頻度が多くないかを確認して、習慣を改めましょう。

 

光熱費

光熱費は、手取り収入の6%に納めるのが理想的と言われていますので、手取り収入が50万円であれば、3万円以内に収められていれば問題ありません。

 

お風呂の追い炊きを辞めたり、水道を使うたびに長く出しっぱなしにしないなど、意識して無駄使いをしないようにするだけで、月に5000円以上の節約になることもあります。

 

参考:貯金ゼロから主婦がお金を作る方法!貯金がない悩みを解決する3ステップ

貯金が増えない30代が今から貯金をするためには?

貯金が今は増えないという30代のあなたの家庭が、毎月貯金を必ずするためには、先取りで貯金をしてしまうことです。

 

定期預金で先に引き落としがかかるようにしたり、会社員で財形貯蓄などの福利厚生がある場合には、かなり利回りが良くなる場合もあるので、しっかり確認をしてから、加入するのが良いでしょう。

 

財形貯蓄には、一般財形貯蓄(旅行や結婚式などの用途が自由な貯蓄)、財形住宅貯蓄(マイホームの購入、リフォーム費用の貯蓄)、財形年金貯蓄(年金として受け取るための貯蓄)の3つがありますので、用途に合わせて活用するべきです。

 

ちなみに、理想とする貯金額は、手取り収入の10~15%はしたいところ。

 

手取りで収入が50万円なら、毎月5万円以上は必ず貯めて行くように工夫しましょう。

 

参考:貯金がない!貯金ゼロで本当にお金がない家庭の割合と老後に向けた2つの解決策

貯金が増えないのは収入が少ないのが原因?

そもそも貯金が増えない家庭では、共働きであっても収入が少ないというパターンもあります。

 

いくら支出をカットして、無駄をなくしても、そもそもの収入が少なかったら、お金が貯まるはずありませんよね。

 

その場合には、まずは収入を増やすための努力をするのが賢明です。

 

たとえば、今あなたが仕事をしていない専業主婦なら、パートに出たり、派遣や契約社員、正社員での就職先を探してみてはいかがでしょうか?

 

あるいは、ご主人に家計のことを相談しながら転職や副業を勧めてみるのもありでしょう。

 

あなたが今は妊娠中や、子育て中で外で働けないのなら、在宅ワークで家でお金を稼いで収入を増やす方法もあります。

 

具体的な稼ぎ方は、別の記事に譲りますが、私自身もそうであったように、在宅で収入を得られると、ライフスタイルは専業主婦と同じでありながら、お金の悩みも解消できるという、素晴らしいメリットがあります。

 

参考:貯金がない家庭の割合と5つの特徴と貯金ゼロからの脱出4ステップ

まとめ

貯金がないと悩んでいるのは、今の時代20代ばかりではありません。

 

むしろ結婚して子供にお金がかかる30代、40代というのは、自分たちの老後のためのお金を貯めながら、教育費を捻出しなくてはいけないので、家計が独身時代よりも苦しいというケースも少なくありません。

 

将来のために、今から出来ることを調べ、一日も早く実践していけば、まだ30代のあなたなら、教育費、老後資金を作ることが出来ます。

 

時間を武器に、ぜひ行動していきましょう。

 

参考:在宅ワークで月収20万稼ぐ方法3選!月5万以上在宅で稼ぐ方法まとめ

この記事を書いている人 - WRITER -
Emina

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 主婦の副業 , 2019 All Rights Reserved.